なっちゃんだって生きている

恋愛・転職・結婚・出産・育児 ダメ女でもなんとかやってきました

付き合う前の初デートでガッカリさせられたエピソード4選

今回は私の苦い思い出について語ります。

登場人物はすべて恋活サイト利用者です。

「今度初デートだ!」という方は是非ご一読くださいw

 

 

 

 ガッカリエピソード集

1.下心丸出し野郎

自称大手メーカー社員。当時26歳。身長176㎝。年収600~800万。趣味サッカー

もうビジネスメールか!というくらい丁寧な文章で常に敬語。

ものすごくまじめな印象を受けたのですが、実際は違いました。

第一印象は、「なんか軽そう?」 まず、街を適当にブラブラしてたのですが、腕とかを触ってくる。 「ん?いきなりそんな感じ?」

徐々にほっぺたや耳を触ってきて、最終的には抱きつかれました。

 

 

うぎぇえええええええええええええ

 

 

夕方になったらとっとと逃げました。

メールとのギャップが凄まじすぎてショックでした。

 

 

2.付き合ってもないのに嫉妬する野郎

自称IT企業勤務。27歳。身長172㎝。年収400万~600万。趣味ファッション映画鑑賞

顔はびっくりするほどイケメンでしたが、細すぎて小柄な印象を受けました。

なっちゃんのことは「初恋の人に似てる」だそうです。 はあ…

この人も休日の昼間に会ったのですが、話の流れで私が他の人ともメールしてると知ると和やかな空気が一転凄まじい仏頂面に。

あ、これ地雷踏んだ…と気づくも時すでに遅し。

静かにキレて帰られました。

 

気持ちはわかりますが、付き合ってもいないのにそんな態度を取られる筋合いはありません。

 

  

3.少額なのに奢らない野郎

この人のスペックは覚えていませんが、 写メを見ないで会ってみるという初の暴挙に出たのがこの時でした。

実際に会ってみると、

ドランクドラゴン鈴木にそっくり

なお兄さんでした。 

 

f:id:beauty29:20170823144353j:plain

 

さて、とりあえず適当なカフェ(先払い式)に入り、彼は先にオーダー。

たいていの人は「何にする?」と聞いてくれるのですが、 彼は自分の清算を済ませてとっとと席へ。

 

えええええええええええええええええええええええええええええ

 

500円ぽっちも出してくれないのかあ(´・ω・`)

そんな500円の価値もない私はとにかく鈴木が気持ち悪くて一時間ちょっとで逃げ帰りました。

  

 

4.写メとは別人の悪用野郎

マッチングアプリや婚活サイトにおいて一定数存在する「写メの悪用」。

私も遭遇しました。悪用野郎。

掲載写真は早乙女太一っぽい感じ。

本人は…うーん、なんかカマキリに似てた。。。

※虫が苦手なので写真掲載はやめときます

彼はそのまま出張先のホテルに連れ込みたかったみたいですが、カマキリと交尾する趣味はないので逃げ帰りました。

 

 

 

以上、強烈だった4名様でした。

しかし、このような非常識な男性は本当にごく一部しかいません! 

例え変な人に当たっても、「人生経験」と思って前に進んでくださいw