なっちゃんだって生きている

恋愛・転職・結婚・出産・育児 ダメ女でもなんとかやってきました

そのデート失敗するかも!-男性に冷めた瞬間5選

いい感じになった男性でも、ふとした瞬間に気持ちがさーっと冷めたことってありませんか?

女性は男性を「減点法式」で見るため、男性サイドは上手くいってると思っていても、女性サイドが冷めていることはよくあります。

 

今回は、私が男性に対して「ないな…」と思った瞬間をピックアップしたいと思います。

 

f:id:beauty29:20170823142045p:plain

 

 

 

 

男性に冷めた瞬間

その1.「金がない」が口癖だった

当時学生だったのというのもありますが、デート中に「金がない」「これ高い」を連呼されたら冷めてしまいました。特に何かおねだりしたわけでもないのにですよ…。

こちらが負担するのはやぶさかではないですが、堂々と「金ない宣言」をされると「私に良く見られたいって思わないんだな」という解釈になります。

金欠の時は公園を散歩するなどさりげなく低コストなデートに導くようにしましょう。

   

その2.臭かった

これは男性も経験があると思いますw まず口臭がある人は第一印象の時点で切られちゃいます。

しかし、男性にはもう一つ落とし穴が… 女性は遺伝子的に合わない男性の体臭を臭く感じます。

旦那の知り合いで私にとっては強烈に臭い人がいたのですが、旦那曰く「別に臭くないよ?」とのこと。

女性は強い子孫を残すために、自分とは遺伝子的に遠いパートナーを求めます。 近親相姦で生まれた子どもに疾患や障がいが多いのは遺伝子的に近いからです。

こればっかりは努力してもどうにもなりません。 相性が悪かったと割り切りましょう。

 

 

その3.上から目線の発言が多かった

これは自称女性恐怖症の人でした。なっちゃんと仲良くなれて嬉しかったのか、本人はいじりのつもりでもこちらとしては不快な発言を連発するようになりました。

二人の関係性によっては「いじり」もありですが、度が過ぎると嫌われることを肝に銘じておきましょう。    

 

その4.食べるスピードが異様に早かった

先に言っておきますが、私も女性にしては相当な早食いです。 当然お話をしながら食べていたのですが、お相手は牛タン定食を5分足らずで完食していました。

別に急かされたわけでもないのですが、何となく焦ります。

本人はそんなつもりじゃないと思いますが、相手のペースを気にしない人なんだろうなと思い、その後のお付き合いは控えるようになりました。

 

 

その5.ムダに自信満々だった

実際に高学歴で優秀な人ではあったのですが、「自分、優秀だって自覚してます」というのを前面に出されると冷めます。

また、「俺学生時代と体重変わってない!スタイルキープ!」と自信満々に言うのですが、どうみてもぽちゃってます…多分筋肉が落ちただけですそれ。

程よい謙虚さがあった方が女性は好みます。

 

 

冷めちゃうのは、大して好きじゃないから

お前の好みだろ! とか 些細なことで冷めすぎ! と思う方も多いと思います。それはごもっともです。

ただ、恋愛は些細なことがきっかけで冷めてしまう場合もあります。

女性が冷めてしまうような言動は控えつつ、ありのままの自分を受け入れてくれるような人が見つかるといいですね♪