なっちゃんだって生きている

恋愛・転職・結婚・出産・育児 ダメ女でもなんとかやってきました

彼が結婚してくれない…アラサーの最終手段3選

昔は「女はクリスマスケーキ」と言われ、25(歳)を過ぎると一気に貰い手がなくなると言われたそうです。

 

f:id:beauty29:20170823150030p:plain

 

しかし時代は変わり、現代では30まで独身という女性も数多くおり、筆者の周りも3~4割くらいは未婚の独身です。

ただ、婚活市場では30代に突入した途端、一気にモテなくなると言われています。

 

今の彼と別れたら結婚できないかも? 今の彼と結婚しないなら早く別れて次の人を探さなきゃ…

 

筆者も28を超えたあたりからそう思い始めていました。

そこそこ長く付き合っていて、お互い大きな不満もない、彼は独身至上主義者でもない。 …でも結婚を切り出してくれない。

周りの友達はどんどん結婚していく。

人は人…と思っていても冷静にはいられないものです。

そこでアラサー女子が最後の一手として使う手段をまとめてみました。

 

結婚したいアラサー女子の最終手段

1.妊娠する

これは単純明快。できちゃった婚に持ち込む作戦です。 お相手が明確に「子どもはいらない・嫌い」と言っていなければ、すんなり結婚に行きつけるでしょう。

ただ過去の記事でも述べた通り、でき婚の心象はよくありません。

また、「そんなつもりなかった・ハメられた」とお相手が不快感を露わにしたら、その後に待ち受けている過酷な育児にさらなる暗雲が立ち込めるかもしれません。

男性の合意がない子作りは非常に危険です。

また筆者の旦那のように、だいだいの生理周期を把握している人(なんだそれ)には通用しないでしょうw

 

関連記事

natsu29.hatenadiary.jp

 

2.結婚するか別れるかの二択を迫る

これ、数年付き合ったカップルによくあるパターンです。

筆者の男友達(当時26歳)も、「結婚は考えてた…でも今じゃないんだよう…でも別れるって言われたらどうしようもなかった(泣」と結局折れて結婚することになりました。

 

「いずれは結婚するつもりだけど、まだ自由でいたい」という男性

「口先だけで実際にしてくれなかったら困る」という女性

 

どちらの言い分もわかりますが、貰い手がつく年齢と出産できる年齢にリミットがあるため、どうしても女性は25を過ぎると焦り始めます。

筆者としては、とりあえず紙だけ出して今まで通り暮らせばいいんじゃないのー?と思うのですが、男性は

「婚約指輪に30万、結婚指輪に20万、結婚式に500万、新婚旅行に100万、うああああああああ…」

と考えるようです。

 

その場合、諸々のイベントは後回しにして入籍だけ済ませる案を提示するのはありかもしれませんね。

うちの旦那も500万くらい飛ぶと思って結婚を渋っていましたが、諸費用は如何様にも抑えられるよとプレゼンしたら「うはwwwやっすwwww」と笑っていました。

男性が結婚を渋る理由として、「結婚=膨大なコスト」と勘違いしている可能性もあります。

その誤解が解けたら、すんなり話が進むかもしれません。

 

関連記事

natsu29.hatenadiary.jp

 

3.他の男の影をチラつかせる(or別れたい素振りを見せる)

「2.結婚するか別れるかの二択を迫る」の態度で表すバージョンです。

男性が結婚を決めるきっかけとして、もっとも強烈に作用するのが

彼女を他の男に取られたくない

という心理です。

実際に筆者も同棲を解消しようと物件を探したり、やたらLINEを開いたり、たまに朝帰りをしたりと「あなたから離れます」というそぶりを見せました。

結果、不安になった旦那が凄まじい勢いで重い腰を上げましたww

 

 

 

以上、アラサー必死の最終手段3選でした。

本当なら、嫌々じゃなくて前向きな気持ちで結婚したいですよね。

お付き合いが順調に進んだら、勇気を出して結婚についての具体的なビジョンを話し合うようにしておきましょう。