なっちゃんだって生きている

恋愛・転職・結婚・出産・育児 ダメ女でもなんとかやってきました

割とオススメ♪ 夫婦別室のメリット4選

f:id:beauty29:20170909212518j:plain

お疲れ様です、なっちゃんです。

 

同棲もしくは結婚をしたら、毎晩好きな人と一緒に寝て…と妄想したことはありませんか?

 

確かに、寒い冬にピトっとくっついたり、休日の朝相手の穏やかな寝顔を見れるのは幸せなひと時です。

 

しかし、なっちゃんは同棲当時から「夫婦別室(寝室を分ける)」です。

 

部屋に余裕があるからできるというのもありますが、別室だと色々メリットがあるのでご紹介したいと思います。

 

夫婦別室のメリット

一人の時間が持てる

一人暮らしで寂しいという人にはピンとこないと思いますが、長時間誰かといるのは案外苦痛だったりします。常に監視されているような気にもなりますしね。

夕飯とお風呂を終え、自分の部屋で一人になると一気に脳が休まります。

 

 

ケンカした時物理的に距離を置ける

ケンカ中は相手の顔すら見たくないものです。

もちろんその日のうちに解決するのがベストですが、お互い頭を冷やすことも時には必要です。

そんな時、自室に籠れると精神的ストレスが和らぎます。

 

 

寝返り打ち放題

大きいサイズのベッドならゆったり寝られるかもしれませんが、シングルだと寝返りはほぼ不可能です。

せっかく睡眠時間を確保できても、疲れが取れなかったら嫌ですよね。

パーソナルスペースを確保できるのが夫婦別室の最大のメリットです。

 

 

イビキ・よだれ・白目など情けない姿をお互い見せなくて済む

天使のような寝顔の皆様には関係のない話で恐縮です。

冬はなっちゃんも旦那と寝ていたのですが、ある時旦那の肩に大量のよだれをかけてしまいスウェットの異臭騒ぎが起きました。

また、旦那も疲れている時はイビキがうるさいです。

お互い迷惑をかけないという視点でも夫婦別室は効果的です。

 

 

以上、メリット4つでした。

 

お互い気の知れた仲でも、結局は他人です。

自宅にいる時でも、オフになる時間は必要だと思います。

また、四六時中一緒だとマンネリを加速させてしまう危険性もあります。

 

ついつい最初は一緒にいることにこだわってしまいますが、適度な距離がある方が平和に過ごせる場合もあります。

 

これからお部屋探しをするのであれば、是非夫婦別室も検討してみてください。