なっちゃんだって生きている

恋愛・転職・結婚・出産・育児 ダメ女でもなんとかやってきました

GLAYの歌詞の頻出ワードを調べて夫婦関係に必要なものを考えたよ

こんにちは、夏の終わりのなっちゃんです。

 

我が家のリビングのテレビ台には、旦那が所有しているCDが大量に入っています。

多分旦那の部屋にもまだあるけど、

f:id:beauty29:20170914132815j:plain

右からミスチル、次の列は色々。T-BOLANとかシャ乱Qとか。んで、X、ラルク、LUNA SEA、TUBE、GLAY、B'zなどなど。

ぱっと見でわかると思いますが、GLAYがダントツで多いです。

 

そこでふと考えました。

GLAYの歌詞の頻出単語=旦那の人生に必要なキーワード

なのでは?と。

 

わたくし、GLAYにはあんまり詳しくはないのですが、歌詞はTAKUROが手掛けてるはず。

f:id:beauty29:20170914133431j:plain

 

ん?どれがTAKURO?

そもそもGLAYって五人組だったっけ?

 

まあいいや、それでは早速リサーチスタートです!

 




 

歌詞をひたすら読んで、エクセルに落とし込むよ

実はミスチルも読んでいた

早速、CDをひっくり返して歌詞カードの単語とフレーズを抽出する作業を始めます。

邦楽で多いワードは「夢」とか「明日」とか「会う」とか。ワードごとに分けるのですが、もし「夢で会いたい」というフレーズなら、独断で「夢」or「会う」のどちらかにカテゴライズしました。

 

先ほどは触れなかったのですが、旦那が「作詞の才能はダントツで桜井和寿」と断言していたので、最初はミスチルの歌詞を抽出しました。

ベタ打ちしただけなので見にくいですが…

 

f:id:beauty29:20170914134032p:plain

元データではこの下にずらーっと行が続いています。

桜井和寿、ボキャブラリーが豊富すぎて頻出ワードがあまりありませんでした。

 

ざっと見る感じだと、「夢」「抱く」「未来」が多かったです。

あと表現の違いですが、GLAYは二人称が「あなた」であるのに対し、ミスチルは「君」。GLAYは「KISS」、ミスチルは「キス」でした。これマメ知識な。

 

 

GLAYの抽出作業始めるよ

さてさて、全部の歌詞を読んでいたら死んでしまうので、ベストアルバム「THE GREAT VACATION VOL.2」の「Special Thanks」までに限定しました(ファンの人怒らないでね)

 

THE GREAT VACATION VOL.2~SUPER BEST OF GLAY~(初回限定盤A)(DVD付)

THE GREAT VACATION VOL.2~SUPER BEST OF GLAY~(初回限定盤A)(DVD付)

 

 

歌詞カードをめくり、エクセルにひたすら複数回登場しそうなワードとフレーズを入力していく。「遊び疲れたマネキン」とかそういうのはスルー。

 

カタカタカタ…

 

ぺらっ…

 

カタカタカタ…

カタカタカタ… 

 

 

 

 

めっちゃ疲れる。 

 

TAKUROの世界観が大分わかってきたような?

個人的には「この人疲れてる?」という印象を受けました。異様な「落ち着き感」があります(なんだそりゃ)。

 

 

ひたすら読む・入力するを繰り返し、作業時間約3時間で終了。

 

 

結果を発表するよ

入力が終わったよ

ざーっと打ち込んだ画面がこんな感じ。単語の数は54。

f:id:beauty29:20170914141320p:plain

 

GLAY特有の表現は「鼓動」「焦がす」「刺す」とかかな。「季節」もよく出るけど「冬」の歌はほとんどない。冬嫌いなのか。

 

 

頻出ワードベスト5

登場回数で並べ替えをしてランキング形式に。

結果はこちら!じゃん!

 

f:id:beauty29:20170914141942p:plain

 

1位 「夢」

2位 「夜」

3位 「二人」

4位 「生きる」

5位 「風」

 

 

 

…どうやって実生活に応用すればいいの?

 

 

 

無理矢理考察するよ

見てわかるとおり、1~3位が4位以降に差をつけています。

私たち夫婦に必要なのは、夜に二人で酒でも飲みながら夢を語ることでしょうか。

 

あー確かに、デキ婚でなし崩し的にここまできてしまった感はあるので、将来のビジョンを話し合う必要はあるかもしれません。

そもそも夢ってあるかなあ。30歳女の夢…。うーん。

 

 

まとめ

ファンの人ならわかると思いますが、GLAYも下積み時代は苦労したバンドです。そのため「夢」というワードに並々ならぬ思いがあったのかもしれません。

「将来お嫁さんになって、温かい家庭を築く」のを夢にする人もいますよね。今私はその段階にいますが、それは夢とは言わない!とモヤモヤしています。

今回の記事を執筆する中で、何でもいいから未来のことを考えないとなーと漠然とした課題が見えてきました。

何を頑張ればいいのかわかりませんが、とりあえずそんな感じです。

 

以上、本日もありがとうございました!