なっちゃんだって生きている

恋愛・転職・結婚・出産・育児 ダメ女でもなんとかやってきました

100人以上の子どものIQ(知能指数)を算出してわかったこと

こんにちは、一周回って非正規雇用に落ち着いたなっちゃんです。

 

最近、「Twitterのフォロワー数で人を評価する」ことの是非が話題ですね。

www.nikkei.com

 

批判派の皆さんがおっしゃる通り、フォロワー数はただの数字でしかなく、それが影響力や人気の指標であるかはわからないのです。

しかしながら、

 

大卒だから賢い

犯罪者はサイコパス

体重50㎏以上の女性はデブ

 

というように、

人というものはレッテル貼りをしたり目先の数字で人を判断するようにできています。

だってその方が楽だから。

 

それを如実に表すのがIQ(知能指数)という指標です。

私は過去に業務の一環で子どものIQを検査していました。恐らく、臨床心理士や養護学校の先生ならピンとくるかもしれません。

基本的にIQテストは健常者(と思われる人)には実施しないので、一般的には認知されていません。

 

たまにTVでIQ200の超天才!というような話を聞きますが、私から言わせれば

 

そのテスト、大丈夫なの?

 

と思います。

というのも、テストの結果としてIQ200が出るということは、テストを開発する際の標準化作業において、IQ200相当の協力者がいなきゃいけないんです。

となると、調査協力者を何万人も募らないといけません(IQ200の人はそれくらい稀な存在と考えられるため)。また、IQ200の人が解けるような問題も用意しなくてはならないので、設問数も相当な数になります。そうなった時、協力者への謝礼と問題設定の作業で開発費は膨大に膨れ上がり、開発元は大赤字になってしまいます。

ですので、かけられる手間とコストを考慮すると、結果の出し方としては

IQ141以上 もしくは 測定不能

が妥当と考えられます。

※もっと詳しい方、変なところがあればコメントくださいw

 

さてさて、知能テストの話はここまで。

本日のテーマは “「IQが高い=人として素晴らしい」といえるのか?” です。

 

f:id:beauty29:20171117111833j:plain

 

そもそも「知能」自体も人間が勝手に定義したものなので、考え方次第で色んな能力が「知能」の一種になりえます。

・運動神経の良さ

・音程通りに歌う歌唱力

・女性を口説くスキル

などなど。

 

ですので、知能テストで測定する領域はあくまで人の能力の一部に過ぎません。

よって、IQの高さでマウンティングをするなんてのは

 

愚の骨頂

 

でございますわよ。まあ、少しでも賢い人ならわかることですよね。

 

でもでも、お受験ママはそうはいきません。

過去に私がテストした子どもで、IQが110だった子がいました(もちろん実施・計算にミスなし)。

IQは100が標準なので、発達には何の問題もありません。しかも、私の指示をよく聞く良い子でした。

しかし、結果を聞いたその子のママは顔面蒼白になった後、みるみる怒った顔になり、

「私も夫も旧帝大卒なんです。夫は子どもの頃同じ検査を受けてIQ140でした。私たちにとってはそれが “普通” なんです」

とキレ気味に言ってきました。

 

えー、「普通」の意味が分かってない時点で旧帝大卒やべー(悪い意味で)なんて思ってしまいましたよ。

そのママにはその子の頑張りなんてどうでもよくて、数字が全てだったんです。

逆に言うと、それくらい数字にはインパクトがあるということ。

 

でもね、私思うんです。

IQが低かろうと言動がアホだろうと、愛嬌振りまいて楽しそうに生きてる子が一番だよ、と。

私がテストした子の中には、毎日訓練されている子もたくさんいました。

テスト中も4、5歳児とは思えないほどピリピリした様子で問題を解く。IQと学力はある程度の相関があると言われているので、やはり訓練されている子のIQは高く出ます。

 

ご家庭内のことなので本当のことはわかりませんが、私には

 

テストでいい点を出さないと、お母さんに愛されない

 

そんな風に見えました。

 

一方でテストの結果なんて気にせず、夢中になって問題を解く子もいます。

「これ、楽しいね!」「もっと難しい問題ないの?」「もう終わりなのー?」と。

私は結果に関わらず、伸びるのはこういう子なんじゃないかなーと思います。

 

だって、人を強く動かすのは「楽しい!面白い!大好き!」というポジティブな感情ですから。例外もありますが。

 

親が必死にエリート街道のレールを敷いて、子どもを走らせることも一種の「愛」なのかもしれません。でも、いい大学を出て、エリート職に就いたら幸せになれるなんて保証はどこにもありません。

 

そんなことよりも、

「常に前向きで、ちょっとのことでは折れない心」

「何かあっても誰かに助けてもらえるような人徳」(愛嬌の行きつく先)

この2点を育てる方が大事なんじゃないかな、と思います。

 

あくまで持論ですけどね!

 

 

本日のまとめ

人はIQより愛嬌

 

おしまい

 

 

スポンサーリンク