なっちゃんだって生きている

恋愛・転職・結婚・出産・育児 ダメ女でもなんとかやってきました

polcaについて思うこと

こんにちは、眠りの浅さから異国のヒットマンのようだとツッコミを受けたなっちゃんです。

 

最近、別ブログを立ち上げるべく、サーバーを契約したりドメインを買ったり有料テーマを検討したりと水面下で作業を進めているのですが、

 

新規ビジネスの立ち上げと考えれば安価だけど、やはりブログはコストがかかる

 

という印象です。

一応独身時代のお金はプールしてあるのですが、結婚して主婦になると

「お金に色がついてるわけじゃないしなあ…」

と、生活費以外の出費に二の足を踏んでしまうのが現状。

 

そのため、いくらネット上で懇意にしている方でも、基本的には投げ銭はしません。(サービスは買います)

「なっちゃんはお金出さないから応援してくれないってことね!」

と思われても仕方ない、というより勝手にそう思っててくださいって感じです。

 

さて本題。前々から一部界隈で話題になっているpolca&クラウドファンディングについてです。

当ブログの読者はわかっていると思うので上記サービスの説明は割愛しますが、要は色んな人から手軽にお金を集められるツールのことです。

 

今回、クラウドファンディングについてはリターンありき、かつ審査があるので言及しません。

一方のpolcaですが、

 

・個展を開く資金が欲しい

・グッズを作りたい

 

という正統派クリエイティブなプロジェクトは批判されにくいですが、

 

・誕生日を祝って

・〇〇が欲しい

 

といった個人の願望を叶えるものについては賛否両論起こりがちです。

 

過去の例で特に炎上したのが以下案件。

 

.出産費用クレクレ

polcaにて企画を立ち上げました | でこぼこあーと

 

2.飛行機に乗り遅れたから飛行機代クレクレ

www.ikedahayato.com

 

※やぎぺー氏の件は本人も記事で言及しているのですが、私のPCのセキュリティソフトが全力でアクセスを止めたのでURL貼りません。代わりにイケハヤ先生の記事をば。まあ、彼のブログもマイニングの件で文字数

 

<参考画像>

f:id:beauty29:20180507094136p:plain

 

 

polcaは上限金額が少額(と言ってもMAX10万円)である代わりに審査もなく、リターンについての規定もなし(だよね?)であるため、結構やりたい放題。

あまりオピニオン書かないイメージのタロウ氏も問題提起しちゃう始末。

 

tsuchiyashutaro.com

 

正直、出資する側にもされる側にもなる気はないのでどうでもいいっちゃいいのですが、せっかくなので私なりの意見も語っていこうかと思います。

 

先に結論を言ってしまうと、

 

・polcaはどんなみっともない案件でもアリ

・でも「自分の懐を痛めたくない」って魂胆は嫌い

・やたら出資する人はもう少し自分の人生を生きたら?

 

というのが私の考えです。

 

polcaはどんなみっともない案件でもアリ

 私も当初は

人様の大事なお金をたかるな!!!!

と批判的な姿勢だったのですが、色々な人の考えを聞いていく中で、

 

日本にはチップの文化がない

日本にはパトロンの文化がない

日本人は投資したがらない

 

というような説(データあるのかな?)を目にしました。

その信憑性はさておき、まあ確かにそうかもなと腑に落ちる部分もありました。

よくよく考えると、それまでの私の考えは悪い意味で保守的だったのかもしれません。

 

そうした結果、

結局正しいお金の使い方なんてものは出資者(自分)が決めれば良いわけで、それを外野がとやかく言うのはナンセンス

という結論に落ち着きました。

(まあこれからとやかく言うんですけどね)

 

実際、息子が喜ぶと思って買ったおもちゃを初日に壊され早々に捨てることもあり…。だったら貧乏なフリーランスの食費の足しにでもした方が有意義だったかも、と思うことはあります。

リターンについても、他者から見たらタダ同然でも出資者にとって魅力的だったらOK。

特にファンビジネスに偏ってるブロガーのプロジェクトだと、普段は記事も読んでもらえない、リプライも返してもらえないような雑魚無名ブロガーでも、お金さえ投じれば(一瞬だけ)憧れのブロガーに振り向いてもらえる。

傍から見たらあほちゃうかー(鼻くそほじー)と思っていても、当事者がWin-Winだ!有益だ!と納得しているならいいんじゃないかと思います。

 

夫婦間であっても、私は旦那に「車の改造費かけすぎ!」って言いますし、

旦那は私に「化粧品こんなにいらん!」って言いますからね。

人のお金の使い方に納得がいかないのはしょうがないです。みんな価値観が違うんだから。

 

でも「自分の懐を痛めたくない」って魂胆は嫌い 

上記の通り、「二者間が納得してるならおk」というのが私の考えです。

ただ、感情論レベルに落ちると「嫌い!」と思う案件は多々あります。

 

例えば、「〇〇を本気でやりたいから〇〇が欲しい」という案件。

 

 

 

…いや、人に買わせる時点で本気じゃないでしょ? 

 

 

 

と思う。ある程度ビジネスなりクリエイター活動が走り出している状態でアップグレードしたい、というならわかる。

でも初期投資でかつ少額だったりすると理解できない。

 

有名ブロガーで初期投資を誰かに頼った人がいるのだろうか?

有名なミュージシャンだってバイト代で買った安物のギターが原点だったんじゃないのか?

有名アーティストだって、チラシの裏やスケッチブックから始まったんじゃないのか?

 

自らの力で走り出さなければならないのに、誰かに頼るところからスタートする人間に「覚悟」や「本気」を語られても薄っぺらい

と感じるのが正直なところ。

 

…とはいうものの、感情論・感想レベルの話なので、「そういう価値観の人もいるよ」くらいに思ってもらえればと思います。

 

あと嫌いなのは、「人に自分の尻ぬぐいをさせる」案件。

冒頭に列挙した二件がまさにそれですね。自業自得とはいえ友達が困ってたら助けたいと思うのは当然ですし、「助けてもらってハッピー!」「友達が助かってハッピー!」なら万々歳でしょう。

 

しかし、これはもうシンプルに

 

ボクチンの汚れたお尻誰か拭いてくだちゃーい

 

と大人のくせに堂々と言えちゃう神経が私の中ではハイパーみっともないです。そんだけ。

 

やたら出資する人はもう少し自分の人生を生きたら?

私ごときが人様の生き方に言及するなんて超おこがましい。

価値観の押し付けは良くないです。頭ではわかってます。

でも、やっぱりリア友でもない人にリターンのない数万の投資をするのは異常だと思う。

以下、いただいたリプでしっくり来たものをご紹介。

 

 

1000円くらいの少額な出費なら、「今日は驕るよ」とか「これ、差し入れ」みたいな感じでアリだと思うんですけど、数万となると

なんで自分のために使わないの?

と思います。 もちろん誰かに使うことで自分のためになる(子育てなんてまさにそう)というケースもありますが、もしただの甘やかしだとしたらもったいないなと。

 

数万あれば新しいPCソフトも入れられるし、一泊旅行の思い出もできる。自分の外見に投資したらモテるかもしれないし…

その可能性を捨ててまでやることかな?というのが持論。これも価値観の押し付けになるので参考程度で。

 

 

まとめ

元々ケチで保守的な人間なので、こういった新しい動きにイチャモンをつけるのは完全に老害のそれだな~と思いつつも、ファンや友人に有益とは言い難い出費を迫るのはいかがなものか?というのが私の考えです。

ただ、「その投資(出費)、良くないよ!」と私が言うことで、「お前だって専業主婦のくせにぎょうざの満州のうまにラーメン食ってんじゃないか!」なんて言われたらぐうの音も出ないといいますか、まあそういうことになります。

お金が絡むのでこの手の議論はまだまだ続くでしょうね。

みなさん仲良くケンカしましょう。

 

おしまい

 

 

スポンサーリンク