なっちゃんだって生きている

恋愛・転職・結婚・出産・育児 ダメ女でもなんとかやってきました

拝啓 プロブロガー界隈のアンチ様

こんばんは、風呂上がりのなっちゃんです。

 

湯冷めしないようダッシュで書きます。明日も仕事ですし。

完全に内輪ネタなので、純粋な読み物を期待している人はごめんなさい。

 

一時期ガチのアンチプロブロガーで今もどちらかと言うとアンチ寄りですが、完全なTwitter好きの主婦と成り下がってしまいました。ブログの書き方すらうろ覚え。

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、私は昨年10月に一日6000PVに上る炎上を経験し、多くのブロック・リムーブを食らい、ほとぼりが冷めた頃に実父が急死しました。

 

その頃はアンチのラスボスである肉ちゃんとも仲が良かったし、先日サロン立ち上げで批判を食らったコンサルのハットリさんともよくやり取りをしていました。(どちらも面識はないのだけど)

今はそのお二人は犬猿の仲、というか肉ちゃんが一方的にハットリさんを目の敵にしている状況で、私はハットリさんを慕っているので彼女からはブロックされました。

それ以降、彼女が何を発信し、何と戦っているのかは知りません。

 

実は、炎上した時も父が急死した時も上記の二人はメッセージをくれていました。

特に父が急死した時は、私以外の家族全員「やっと死んだか…」という空気もあり、旦那は「家事と育児をサボる口実にするな」と言わんばかりにドライ(良く言うと未来志向)だったので、悲しみのやり場がなく私なりにそこそこ辛い時期でした。

そんな時にお二人に気遣ってもらえたのはシンプルに嬉しかったです。

それでも肉ちゃんにはブロックされたんですけどね。

 

とはいえブロックされたことについては恨んでいるとかはなくて、

「まあ、結局自分にとって都合の悪い人間はいらんわな」

と、ストレートに人間関係の本質を知らされた感じでした。

 

そしてつい昨日(一昨日?)、今度はハットリさんが炎上したわけですが、

「あ~こんなにもアンチに叩かれるのは面倒なものなのだな」

とずっと静観していました。

私もついこの前まであの「面倒な人達」の一員だったのですね(今もか)

 

とりあえず本件の是非は「57000円(だっけ?)を払った入会者」しかジャッジできないので当然ながら私から言うことはありません。

個人的には、彼が叩いていたのは「お客さん(信者)への不誠実さ」であってプロブロガー界隈のビジネス全般についてではなかったと認識しています。

なので、「お前だってイケハヤと一緒だろう」という批判は一理あるかもしれないけど理屈としては少し弱いと思います。なんせ現状では被害者不在ですから。

(過去に立ち上げたサロンの状況や実績については知らないので自信ないですけど)

 

んで話は戻りますが、私も誰かを叩いていた人間の一人であり、炎上によって多くの人に叩かれました。

そこで沢山の人を傷付けてしまったこともそうですが、大事な人との時間を削ってまでやる必要はなかったな、というのが一番の後悔です。

一応私の発信には意義があったのかもしれません。

でも、信者と呼ばれる人たちも、アンチの人たちも結局はブロック一つで簡単に断てる関係の人ばかりなわけで。

 

だったら息子や旦那の方がよっぽど大事じゃん

 

と当然すぎる事実にようやく気付いたわけです。何なら父が生きているうちに「ありがとう」だって言えたかもしれない。

 

過去のハットリさんの発信で一番私に刺さった言葉は

「自分や大事な人が明日死んでも悔やまないくらいの生き方をしろ」

という趣旨の発信でした(正確な表現は失念しましたが)。

 

もしこのままアンチ活動を続けてて、そんな折に突然息子が死んだら

 

「なぜもっと可愛い姿を目に焼き付けておかなかったのだろう」

「もっと優しくしてあげればよかった。もっと遊んであげればよかった」

 

と後悔していたと思います。まあ、多分どんな生き方をしても後悔はするんでしょうけど。

 

とにかく、今誰かのアンチ活動をしている人には「人生は有限」ってことだけ伝えたいです。

 

それが生きがいなら止めませんけど、ほどほどに。

 

 

おしまい